日勤と夜勤の二交代制だと日中だけ働くというのは難しい

工場の求人に応募する際、確認したいこととして就労時間がいつかというものが挙げられます。工場の稼働時間は大きく分けて二つあり、日中しか稼働しないところと夜間も稼働するところがあるからです。日中しか働けない人であれば、夜間も稼働する工場で働くのは難しくなります。なぜなら、そういった工場ではたいていの場合、日勤と夜勤を交互にこなすことが求められるからです。一応、面接のときなどに日中しか働けないと申し出れば考慮してもらえる可能性はありますが、工場側は昼も夜も働ける人を優先して採用する可能性が高いので、採用される確率は少し下がるかもしれません。

ただ、工場によっては日中に働く人と夜に働く人が完全に分かれていて、日中に働く人として採用されたら夜に働かずに済むこともあります。もし、求人情報に夜勤もあると記載されていた場合、夜勤もこなさないといけないのか面接時に聞いた方がいいでしょう。

夜勤もするという場合は通勤方法を確認しておく

もし、工場で夜勤をするとなった場合、確認しておきたいのは通勤方法です。工場を建てるには基本的に広い土地が求められるため、地理的に住宅街から離れた場所にあることが少なくありません。そういった場所に建っている工場だと、日中は近くを路線バスが通っていたとしても、終バスの時間が早いため、夜は走っておらず、交通機関を利用して通勤するのが難しくなるのです。したがって、もしバスを使って通うのが難しいということであれば自転車やオートバイ、あるいは自家用車の利用を考えた方がいいでしょう。車を使うのであれば駐車場が必要になるので、工場内の駐車場を使えるかどうかの確認も必要です。

ただ、工場によってはマイクロバスを出して電車の駅などから運んでくれるところもあります。この辺のことも面接時に聞いておくといいでしょう。

工場の転職は、一つの工場内でライン作業の経験が豊富な人やリーダーを務めたことがある人にとって、収入アップやキャリアアップのチャンスとなっています。