大手の工場は完全週休二日制を採用しているところが多い

工場での休日の状況は、それぞれの工場の事業方針や生産量、従業員数などに大きく左右されます。一般的に、大手の自動車や機械製品を専門に扱う工場においては、従業員が心身ともに無理なく働けるよう、完全週休二日制を採用しているところが目立ちます。また、一時的に生産量が増える時期には期間工やアルバイトの従業員を採用したり、現場内の従業員の役割分担を工夫したりして、可能な限り休日を確保できるようにしている工場も多くあります。そこで、休日にこだわって就職先を決めたい人は、自分の興味がある工場で働く従業員の勤務シフトをチェックしたり、工場内のスタッフの数にゆとりがあるかどうか確認したりすることが重要となります。

中小の人手不足の工場は年間を通して休みが少ない傾向がある

中小の地域に密着した工場の中でも慢性的に従業員が不足しているところは、年間を通して休みが少ない傾向が見られるため、採用試験を受ける前に毎月の平均的な休日数について確認しておくことが大切です。また、腕の良いベテランや、新人や若手の指導が得意な人は、本来の業務の合間に研修の講師を任されることもあり、休憩時間が思うように取れなくなったり、一日の残業時間が長くなってしまうケースもあります。そこで、中小の工場への就職を考えている人は、繁忙期でも他の従業員と交代で休みを取れるところや、閑散期にまとめて有給休暇の申請ができるところを選ぶのも良いでしょう。その他、夜勤の回数が多い工場においては、生活リズムが乱れて体調を崩しやすくなることがあるため、休日にしっかりと体を休めることが大事です。

派遣の仕事探しで職が見つかりやすい人は、まず国家資格を持っていることです。そういった資格がなければ、自分のこだわりを捨てる事です。そうすれば、必ず仕事が見つかります。