日勤や夜勤など、働き方を選ぶ

社会人の一般的な勤務時間帯は、言わば日勤となる朝の9時から夕方の5時までが通常ですよね。そこから残業があるケースも見られますが、工場では日勤や夜勤、シフト制や2交代、3交代などの勤務時間帯が採られています。工場によっては機械を長時間稼働させる必要があるため夜勤を設定せざるを得ず、夜勤がある工場では交代制を取り入れて2つのグループで交代する2交代と、3つのグループで交代する3交代で業務に当たることとなります。

ちなみに夜勤は日勤よりも時給が高く、高収入を得ることが期待できますが夜勤だけを雇っている工場は少ないです。勤務時間や交代する時などは各工場によって異なりますので、工場の求人に応募する方は面接時に詳細な勤務時間帯を聞くことをおススメします。

いつも同じとは限らない工場の勤務時間

夜勤では工場内にある機械の整備や点検などが行われることもありますが、昼間と同じ内容の仕事が行われることが多く、特別な業務を担うことはありません。ですが、夜勤を選ぶと普段の生活リズムとのズレが生じますので、健康面や精神面での自己管理が必要となります。朝起きて働き、日が暮れたら家に帰るリズムを崩したくない方は、夜勤を選ばない方が良いかもしれません。 ただし、工場が採用している勤務時間帯は2交代や3交代が多いです。閑散期や繁忙期では勤務体制や勤務時間帯も異なり、シフトを組むことが難しい場合もあります。シフトのパターンが複数存在する工場もあり、いつでもこのシフトパターンで働けば良い、ということにはならないケースも見られますので工場の仕事のサイクルを確認することも忘れないようにしましょう。